ユベントスとミランがグアリンを狙う | ユベントス・ジャーナル

ユベントスとミランがグアリンを狙う

ユーべは未だグアリンを諦めず

インテルのMFフレディ・グアリン(29)をユベントスとミランがターゲットとしていることをイタリア紙が伝えた。

ユベントスはアウトゥーロ・ビダルをドイツ王者のバイエルン・ミュンヘンに売却する寸前である。その代わりに、以前ミルコ・ブチニッチとのトレードで、ユベントススタジアムに連れて来る寸前まで迫ったフレディ・グアリンを再びターゲットとしているようだ。また、ミランも同じくグアリンに興味を抱いてる模様。

La Gazzetta dello Sport』によると、両クラブがグアリンの獲得資金として、最低でも1500万ユーロを準備しており、ミランはグアリンの獲得と同時に、MFアレッシオ・チェルチ(27)を放出する考えのようだ。

グアリンは2014年にブチニッチとのトレードで、ユベントスへの移籍に近付いており、ブチニッチはチームメイトと別れの挨拶と、メディカルチェックを済ませていたと報じられていた。しかし、インテルの会長に就任したトヒル氏がインテルサポーターの猛抗議により、急遽取り引きから撤退し、グアリンのユベントス移籍が実現することは無かった。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 見事な自殺スルーパスのイメージしかありませんね
    いい時もあるがちょっとムラがありすぎる

    0

  • なぜグアリンにこだわるんだろ
    ヴィツェルはどうなったんだろう

    0

  • 一度ケチ付いた取引をするのはどうなんだろう。
    今後舐められる可能性があるのでは。

    というかグアリン要らない・・・。

    0