バルセロナがポグバ獲得に近付く | ユベントス・ジャーナル

バルセロナがポグバ獲得に近付く

ネドベド、PSGからポグバへのオファーがあったことを認める

代理人はメッシに次ぐ高額年俸を要求

バルセロナはユベントスのMFポール・ポグバ(22)の獲得資金として8000万ユーロを準備し、再び交渉に臨んだことをイタリア紙が報じた。

Gazzetta dello Sport』によると、ユベントスのGMマロッタと、バルセロナのSDアリエド・ブライダが本日会合を行い、バルセロナは交渉に8000万ユーロを準備していたとのこと。さらに、ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が当選手の年俸として、メッシに次ぐ高額となる1200万ユーロをバルセロナに要求したと報じている。またスペイン紙では、それと同額の年俸をマンチェスター・Cが提示したと報じている。

バルセロナへの移籍報道が加熱しているが、バルセロナはFIFAが定める移籍条項第19条にある未成年者の国際移籍を禁止する規定に違反したとして、2016年1月までの移籍禁止処分を言い渡されている。

>>メルカート2015-ユベントス・ジャーナル予想-

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 放出は希望しませんが、もし移籍するならトップ下のビッグネームを必ず獲得して欲しいですね。それと右SBのスペシャリストも欲しいところです。

    0